生命保険について考える歳頃

そろそろ三十路を迎えます。
そのため、将来を見据えて、いろいろと考えないといけない歳頃になりました。
いろいろと考えないといけないことの一つとして、「生命保険」です。
平日や休日を利用して、「生命保険」の営業の方とお話をして、自分に合った、ベストマッチな
生命保険を探しています。
その結果、「生命保険」の営業の方から、いろいろと話を聞き、「生命保険」の知識を深めることが
できました。
「生命保険」には三つの種類があるそうです。
私もこれを聞くまでは、いろいろと種類があると思ってました。
なぜなら、いろいろな生命保険会社には複数のサービスがあり、まったく理解できない内容ばかりだったからです。
ですが、三つの種類にどれも集約されることを知り、驚きでした。
まず、一つ目の種類です。
それは「定期保険」になります。
「定期保険」とは、保険期間が一定で掛け捨てになりますが、高額な保証を受けられます。
保険料は分割払いもしくは一括払いに分かれています。
二つ目の種類は「養老保険」です。

「養老保険」とは、貯蓄と保証の両立が可能な保険です。
言葉通り、老を養う保険と書きますので、お金が貯まっていく保険と思ってもらえれば良いです。
三つ目の種類は「終身保険」です。
「終身保険」とは、一生涯、保障が継続する保険で、保険の王様とも言われています。
ですが、保険料は高いです。

 

いかがでしたでしょうか。
このように保険は三つの種類に集約されるので、もし保険の営業の方とお話する際は、三つの種類を
意識すると、分かりやすいと思います。