餃子は焼くのが難しい

先日の晩、夕飯のメニューを餃子にしました。
安く買ったニラを消費しないと傷んでもいけないので…。

 

我が家の餃子のあんには豚ひき肉とニラの他に、
キャベツ、にんにく、しょうがといった食材に、
オイスターソースやごま油などの調味料が入ります。
まぁ、いたって普通の餃子です。

 

餃子の手間がかかるところは、
野菜をみじん切りにしないといけないところです。

 

それさえ乗り越えれば、あとはあんを皮に包んで焼くだけ…
と言いたいところですが、焼くのが難しいのが餃子というもの。

 

中はジューシーに、外はパリッとさせたいのですが、
今まで何度となく餃子を焼いてきましたが、
皮をパリッと焼くことが出来ません。

 

私が焼くと、皮が水分を含んだままの
モチモチした食感になってしまうのです。

 

蒸し焼きする際に、お水じゃなくてお湯を入れた方がいいと聞いたので、
沸かしたお湯を入れてみたこともあるのですが、上手くいきませんでした。

 

蒸し焼きした後に、油を垂らしていい焼き色が付くまで強火で焼く、
という話も聞いたことがあるのでそうしているのですが、
やっぱりパリッとならないのです。

 

どうしたらお店で食べる様な皮がパリパリの餃子が焼けるのか…。
どこかのお店に弟子入りしたいぐらいです。