我が家のかわいいペットを紹介します

我が家では少し珍しいペットを飼っています。

 

フクロモモンガというカンガルーなどの仲間の有袋類です。
その名の通り、メスのお腹には赤ちゃんを育てるための袋がついています。
大人になっても手のひらに乗るくらいの大きさで、ふわふわの毛並みがとても気持ちいいです。
手と足の間には滑空するためのひだがついています。が、我が家のフクロモモンガは飛んでいる姿をあまり見せてくれません。

 

夜行性の動物なので、昼間は寝ていてほとんど動きませんが、私自身夜型の生活なのでちょうどいいんです。
夜でもよくみえるように、大きな真っ黒のお目目がとってもチャーミングです。

 

少し困ることは、野生では木の上で生活しているため、トイレの場所を決めません。
部屋に放すと、至る所で排泄してしまいます。
小さな体なのですぐに気がついて処理すればそれほどにおったりはしませんが、気がつかずに放置すると「なんだか部屋中が臭い・・・」という事になりかねません。

 

寂しいときや発情期には子犬のようにワンワンと鳴きます。
早朝に鳴くので、起きて様子を見に行くと飛びついてくるのがとってもかわいいです。寝不足になっても許せてしまいます。

 

最近、一匹ではかわいそうかと思い、お婿さんを迎える事を考えています。
ただ、あまりたくさん赤ちゃんが生まれても困るので、それぞれわけて飼育できるスペースを確保しなければいけません。今はそれが悩みの種です。