元気がない我が家の犬

家にはボーダーコリーのオスの「レグ」がいます。
レグは普段、天気がいいと庭で遊んでいるのですが、昨日は一日中、部屋の中で寝ていました。
そとが暑いこともあったのかもしれませんが、日頃、元気よく走り回っているのに、一日中ゴロゴロと寝ていて、ちょっと心配になりました。

 

レグは親戚の牧場で生まれたのをもらってきたのですが、先日、父がその牧場に行ったら、レグの父親が具合が悪そうにしていたと言っていました。
レグの父親は体が余り丈夫ではないらしく、レグも心配です。

 

犬もたまにはだるくて、遊ぶ気にならないときがあるのかもしれません。
そうだといいのですが、具合が悪いのだったら、困ったことだなと思います。

 

レグが我が家にやってきたのは、もう8年も前の10月のことでした。
生後2ヶ月でもらわれてきたのですが、乳牛のミルクを飲んで育ったせいか、生後2ヶ月なのに体が大きくてびっくりしたものです。
生後2ヶ月ですでに8キロありました。

 

レグは寝るときは家の中ですが、天気のいい日は昼間は外にいることが多いのです。梅雨になると外に行けなくなるので、トイレのときだけ外に出して、外でトイレをして家の中に戻って来るようにします。梅雨になるとレグにとっては憂鬱みたいです。